危険物とは、一般的に人々や環境に対して危険をもたらす可能性がある物質や製品のことを指します。これらは、取り扱いに特別な注意が必要であり、適切な取り扱いや輸送方法が取り決められています。

国際的には「危険物資」とも呼ばれており、特に運送や保管の際には厳格な法規制が存在します。危険物は種類によって異なり、一般的なカテゴリーとして以下のようなものがあります。

  • 爆発物: 火薬、ダイナマイト、火花を発生させる物質など。
  • 可燃性液体: ガソリン、溶剤、化学薬品などの可燃性の液体。
  • 可燃性気体: プロパン、メタン、アセチレンなどの可燃性の気体。
  • 毒物: 有害な化学物質、生物学的な毒物、医薬品など。
  • 放射線物質: 放射線を発する物質や装置。

危険物の扱いには、適切なマーキング、ラベル、包装、輸送規制、取り扱い規制が必要となります。国際的には、国連が策定した「国際危険物輸送規則」に、危険物の輸送と取り扱いに関する国際的な基準が取り決められています。加えて、危険物の取り扱いには特別な訓練や許可が必要で、安全に取り扱うことが重要です。