ワルソー条約(Warsaw Convention)は、1929年に締結され、国際的な航空機の運送に関する法的な枠組みを提供する国際条約です。正確名称は、「航空機の運送に関する一連のワルソー条約(Convention for the Unification of Certain Rules for International Carriage by Air)」となります。

この条約は、航空会社と旅客の双方の権利と責任を規定しており、主として以下の点に焦点を当てています。

  • 責任の制約:航空会社の責任を制約し、一定の条件の下で賠償の限度を設定しています。これは、航空機事故や旅客の死亡、傷害、または荷物の紛失等において適用されます。
  • 適用範囲:条約は国際的な航空輸送に対して適用され、通常国内の航空輸送には適用されません。
  • 貨物の運送に関する条件:旅客だけでなく、荷物や貨物の輸送についても一定の条件を規定しています。

ワルソー条約はその後、いくつかの修正と更新が加えられました。特に1975年のハーグ・プロトコルと1999年のモントリオール条約により重要な変更が導入されました。これらの法的文書は、航空機の国際輸送における一般的な法的原則を確立し、航空業界におけるスタンダートなっています。