通関士職の役割と仕事内容

通関士は、輸出入に関連する手続きの専門家です。輸出入に関する法規や税関などの知識を持ち、フォワーダーや総合物流企業、メーカー、商社などで活躍しています。

このページでは、通関士が担う役割と仕事内容について解説していきます。

通関士の役割

通関士の役割は、国際取引において貨物が適法に輸出入できるように手続きやアドバイスを行う事です。特に通関申告の代理や税関との代理交渉など、通関士資格を持っていなければ行えない業務もあり、貿易において必要不可欠な職種となります。

通関士に求められる能力・スキル

通関士は、現場でどれだけ経験を重ねることができたかによって評価が大きく変わるものですが、まず通関士として働くためには下記のスキルを有していなくてはなりません。

■ 通関士資格

通関士として働く為の大前提となるのが、通関士資格(日本で唯一の貿易に関する国家資格)の取得です。試験内容には、法律・規制、英語、論理的思考力、数学などが含まれます。独学で取得を目指す方もいらっしゃいますが、多くの方は専門学校やオンライン講座を通じて試験合格を目指されます。

■ 通関および法律・規則に関する知識

輸出入の場では様々な法律や規制(関税法や輸出入関連法規など)に沿って手続きを進める必要があります。通関士には、これらの法規を正しく理解し実務の中で適切に使用する能力が求められます。また、輸出入関連書類の審査など通関手続きで起こるトラブル(不備や問題点など)を素早く処理し解決する能力も求められます。

■ 計算力と語学力

通関士には、関税や消費税などを正確に計算し、輸出入データを正確に処理・管理する能力が求められます。また、輸出入業務では英文書類の取り扱いや英語でのコミュニケーションが必要となる場面が多いため、英語の読解力や会話力が求められます。

通関士の主な業務内容

通関士は、主に通関に関わる手続きを専門的に行います。ただし、在籍する企業とその事業内容によっては以下に記載する内容よりも広い範囲で業務を任される事も少なくありません。

通関手続きの代理

輸出入貨物の通関申告書を作成し、税関に提出します。また、申告書には貨物の詳細情報や関税分類、原産地証明などが含まれます。申告後、税関からの質問やリクエストに応じて追加書類の準備や提出を行います。

関税や消費税の計算と納付

輸入貨物にかかる関税や消費税を計算し、これを税関に納付する手続きを行います。計算には適切な税率の適用が必要であり、減免税の適用が可能な場合はその確認も行います。また、計算した税金を期日内に納付するための管理も行います。

書類の確認と管理

輸出入に必要な各種書類(インボイス、パッキングリスト、原産地証明書など)を準備し、内容の確認を行います。また、必要に応じてこれらの書類を税関に提出できるよう管理も行います。

貨物の検査と立会い

税関が輸出入貨物を検査する際に、通関士は立ち会いを行い、検査が円滑に進むようサポートします。検査結果に基づいて必要な対応を行い、場合によっては追加の書類提出や説明を行うこともあります。これにより、通関手続きを迅速に完了させることを目指します。

輸出入に関するアドバイザリー

クライアントに対して輸出入手続きや関税に関するアドバイザリーを提供します。また、輸出入に関する法規制(輸出入品目が規制対象となっていないか、輸入禁止品が含まれていないかなど)の情報提供も行います。

国際物流における通関士の位置づけ

国際取引の中心となる職業

通関士は、国際取引における輸出入の中心を担う職業です。通関士のサポートにより貿易取引を行う企業や輸出入業者は正確かつ円滑な輸出入を進める事が可能になります。また通関士の専門的な知識やアドバイザリーは、企業が持つ競争力の維持やビジネスの拡大を行う上でも高い価値を持っています。

通関士を通して得られる経験

■ 通関業務に関する実務経験(法規理解、関税計算、交渉)

通関士の仕事として大きな比重を占めるのが、関税における法規の理解や適用、関税計算、税関との交渉です。また、通関士として経験を積む強みともいえるのが、これらの領域における実践経験の獲得です。資格所持者だからこそできる業務も含まれており、中長期のキャリア設計をする上でも価値の高い業務経験となります。

■ 多国間取引の経験

通関士は複数の国と取引を行う顧客へのサポートを提供する事も少なくありません。このような環境は、各国の異なる輸出入に関する規制や入手続きを経験できる場となり、多国間取引に関する知識の獲得にも繋がります。また、貿易現場のやり取りでは頻繁に英語が使用されますので、自身の実践英語力の向上を狙える環境も兼ね備えています。

■ コンサルティングの経験

通関士の業務では、税関や輸出入に関する実務だけではなく顧客に対して専門的なアドバイスを提供する事も少なくありません。また、コンサルティング業務では、実際に貿易を行う企業側の目線に立って各社事業にとっての最適案を考えるなど、事業運営というアングルから輸出入全体を見渡す経験を獲得できる場となります。