バルク輸送(Bulk Shipping)は、大量かつ均一な積荷を大きな容器や船舶などの輸送手段を使って運搬する方法を指します。この輸送方法は、液体、粉体、穀物、鉱石など、同じ種類や性質の商品を大量に輸送する際に一般的に使用されます。バルク輸送は、散発的な小口の荷物ではなく、大容量で均一な積荷を処理するための効率的な手段として重要なものとなります。

バルク輸送には下記の通りいくつかの形態があります。

  • 液体バルク輸送(Liquid Bulk Shipping): 液体の積荷(石油、化学物質、食品グレードの液体など)を専用のタンカーで運搬します。
  • ドライバルク輸送(Dry Bulk Shipping): 粉体や粒状の積荷(穀物、鉱石、石炭等)を専用のバルクキャリアで輸送します。
  • ガスバルク輸送(Gas Bulk Shipping): 液化天然ガス(LNG)や液化石油ガス(LPG)等のガスを専用のタンカーで運搬します。

バルク輸送は、大量の商品を一度に運搬できるため、物流のコスト削減や輸送効率の向上につながります。船舶やコンテナなどが大容量かつ特定の用途に特化するもののため、異なる形態の商品が混在する一般の貨物輸送とは異なります。